ラズキッズの絵本をつかったレッスンで作ったワークシート等を

ご紹介しています。フリーワークシートは、Google driveから、

また有料のものはDLMarket さんからとなります。

詳しくは→の「ラズキッズ絵本とワークシート」クリックしてくださいね。

 

ラズキッズの使い方の教室用パンフレットのダウンロードもできます。

 

New!

ラズキッズの使い方(教室用)2017ダウンロード

Razkids 多読システムについて

2012年度より 導入している Raz-kidsシステム。

ご家庭のインターネット環境を使って、音声付きのアニメーションブックが読めます。このシステムはアメリカの公立小学校、私立学校がリーディング力を上げるために副教材としても使用しているシステムです。教師一人の登録で一クラス36人分まで登録でき安価で大量な絵本を音声を使ってリスニングしたり、絵本を見て音読したり、自分の声を吹き込んだりもできます。

   Razkidsサイト  

 

 また講師は取り上げたい絵本や指導用の資料やワークシートも印刷できるのでクラスのテーマ学習に使うのに最適です。またテーマに合わせたパック教材もあり、講師自身の勉強にもなります。ラズキッズの絵本を使ってのレッスンプランなど

活用法のサイトもmixiにて主催しております。こちらのコミュニティーでは、

ラズキッズの中の本を紹介したり、本を使って実際にクラスでどのように展開したかなどを記録しています。

 

 MIXIコミュニティー ラズキッズを活用しよう!

 

 

 

ラズキッズをのぞいてみよう!


ラズキッズに登録すると 登録講師よりパスワードが与えらえます。

自分の席をクリックして パスワードを入れると、自分のレベルの本があらわれ、

どの本でも読むことができます。

 

一つの本では、①読む②聞く③クイズに答える ができます。

また 読むページを選択すると、マイクをつなげれば自分の声の録音もできます。

録音した声は、登録講師のパソコンへと送られるので 自宅で録音して音読のチェックを講師にしてもらうこともできます。教室では このシステムを使って、宿題を出すこともできます。

 

 

ラズキッズのサンプルページ (アドビフラッシュが必要です。)

楽しいごほうびシステム

 小さいお子さまでも 一人でできるようにパスワードなどもわかりやすい絵が使われています。また 絵本は動画のアニメーションでできている本もあり、英語の音声とともに 読まれている文がハイライトされるので どこが読まれているのかもすぐにわかります。

 そして 本を読んだり、聞いたり、クイズの答えることでたまっていくのがポイントの星。この星をためて自分の「ラズロケット」を飾りましょう。

 

 

 2013年より 自分のロボットもポイントで作れるように

なりました。
自分だけのロボットがマイページに表れますよ!

豊富なテーマ

ラズキッズは アメリカの学校用に作られているだけあって、

内容も多岐にわたっています。理科や社会、算数に加えてその時の情勢、たとえばオリンピックについてや大統領選挙などについても 詳しい資料をそろえています。

 

そのなかから こどもたちに今読んでもらいたいことをレベルに合わせて使うことができ、また、印刷した本としてクラスで使うことも可能です。

 

 

クラスでの取り組み


幼稚園クラス   全員ラズキッズを使える環境にしておきますが、利用は希望者のみ。ラズキッズの絵本をクラスで取り上げて テーマとして読み聞かせをしたりはしますが、クラスで全員で読むことはしません。

(希望者のみ 年間参加費 800円~1000円)

 

小学校1・2年生クラス 全員ラズキッズに参加していただきます。

このクラスでは 自宅で使うことが基本です。夏休みの宿題などにラズキッズの

絵本をだすこともあり、クラスによっては全員で一斉に音読することもします。

他にもテーマにあったアクティビティをしたり、クラフトを作ったりもします。

( 年間参加費 1000円、インターネット環境にないご家庭には別に印刷本とCDを配布。ただし、CDは貸与という形にさせていただきます。)

 

小学校3年生以上クラス 全員ラズキッズに参加していただきます。

クラスで取り上げる本は、基本的にラズキッズから使い、クラスで音読したり、テーマ学習の導入としても使っていきます。自宅でラズキッズを聞いて練習するのを基本とし、ときには録音機能をつかっての音読チェックも行います。

( 年間参加費 1000円、インターネット環境にないご家庭には別に印刷本とCDを配布。ただし、CDは貸与という形にさせていただきます。)

           *学年は目安です。